LAPOCHEとは

ABOUT LAPOCHE

Everyday style

「かわいい子ども服買ったのに、もう着られなくなった。」
多くのママからそんな声が聞かれます。
LAPOCHEは、すぐにくるサイズアウトの悩みをシェアリングで解消し、
日常の様々なシーンで役立つ洋服を提供していきたいと考えています。

ご自宅で

ご自宅 with LAPOCHE

ご自宅のクローゼットのうち、どのくらいを子ども服が占めていますか?増えすぎて収納に困っていませんか?
子ども服はすぐに着られなくなるものが多いわりに、なかなか捨てられず、部屋を手狭にしていきます。
例えばよそ行きの服などは、LAPOCHEのアイテムをメインに、必要最低限だけ揃えれば、今よりずっと部屋が広くなるかもしれません。

帰省で

帰省 with LAPOCHE

夏休みや年末年始には里帰りするご家庭も多いと思います。
おばあちゃん、おじいちゃんも久しぶりに会う孫の顔を楽しみにしているはず!
一年に限られた機会だからこそ、ふだんの家着ではなく、少しおめかしして喜んでもらいませんか?

休日に

休日 with LAPOCHE

休日のお出掛けや旅行は、思い出を残す絶好の機会。
お子さまの笑顔をたくさん撮ってアルバムやSNSにアップ!
いざ見返すと同じ洋服ばかりだったりしませんか?
LAPOCHEなら毎月洋服を交換した分だけ思い出の幅が広がります!
今月は何を借りてコーデしようかな?

ママ会に

ママ会 with LAPOCHE

ママ友との集まりでお子さまが魅せる服を着ていたら!
女の子ならワンピース、男の子ならクールなシャツにカーディガンetcで今日の主役に躍りでちゃうかも?!
LAPOCHEで場所に合わせた着こなしはもちろん、周りの子と差を見せるコーデを作ってみませんか?

For children

~「万が一」を気にしない~

お子さまが着るということは、汚れや破損が起きてしまうことも考えられます。
お母さま、お父さまの中にはそのことが心配でシェアリングは利用しづらいと考える方もいらっしゃるかもしれません。

LAPOCHEでは万が一の落ちない汚れや破損について、追加の保証金等の請求はしておりませんので、安心してご利用いただけます。
※故意による汚れや破損は除きます。

~お子さまが着るということ~

シェアリングと聞くと、中古というイメージを感じてしまい、入口で選択肢から外してしまう方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、良い洋服はメンテナンスをきちんと行うことで長く継続的に使うことができます。
LAPOCHEでは洋服をご利用いただく毎に、厳しい確認事項による最低3回以上のチェック体制を置き、洋服の選別を行っております。
また、実際の子ども服で汚れ落ちや、匂い等のクリーニングの仕上がりを確認し、選定したプロの業者によるメンテナンスを行っています。

お客様に届くまでのメンテナンス体制

メンテナンス体制

Made in JAPAN

LAPOCHEでは、シェアリングする
すべての洋服を日本国内で縫製しています。

3という実情

1990年にはおよそ50%あった国内縫製比率が2014年には3%にまで低下しています。
一方で、日本の縫製技術は世界トップレベルとも言われており、海外の高級ブランドが
日本の縫製工場に服づくりを依頼していることも少なくありません。
「Made in Japan」の洋服は衰退し、貴重な存在になっています。

国内縫製の推移

メイド・イン・ジャパンを
着せたいお母さん

実は日本製の洋服をお子さまに着せたいと考えているお母さん、お父さんは多いのです。
「日本製を着せたい」、「できれば日本製を着せたい」という声を合わせるとおよそ87%。
LAPOCHEは小さい頃からメイド・イン・ジャパンをご利用いただくためのきっかけを提供します。

子ども服は日本製がいいですか?

アンケート結果

LAPOCHEが目指す
日本の未来

日本国内の縫製工場は1990年代におよそ60,000箇所ありましたが、
2010年にはおよそ15,000箇所と4分の1にまで減少しました。
世界に誇る日本の縫製技術も、海外製のファストファッションに押されて失われつつあります。

調査結果

古くより人間生活の基本は「衣食住」と言われ、日本はそのすべてを作ることを得意としてきました。
しかし、「食」に続き、「衣」まで海外に頼る状況となっています。
私たちは日本が誇るモノづくりが100年、200年後にも残る社会の実現を目指します。

pagetop